国試対策

112回を終えて、113回に向けて

スポンサーリンク


キタドクです。

ようやく合格も決まり、偉そうな記事を書くことが出来る日々が訪れました。

やはりこういったブログを始めた以上、ダメだったらどうしよう…などと毎日不安ではありました。

112回の感想と、113回に向けての対策の記事にしたいと思います。

さっそく112回のまとめから行きましょう。

僕が112回を受けておもったこと。それは……。

「過去問演習はやってきたよね?うん。それくらいは当たりまえ。じゃあ応用問題いってみようか?」

という国家試験だったと思います。

例えば今回話題になった輸液の問題です。

112C4

末梢静脈路から1Lの維持輸液製剤(電解質組成:Na+ 35mEq/L、K+ 20mEq/L、Cl35mEq/L)を投与する際、この製剤に追加できるカリウムの最大量(mEq)はどれか。

2、4、20、40、200

という問題です。

そして、同じC問題の112C36(輸液の部分だけ抜粋)

1日絶食が必要になり、末梢静脈から1500mL/日の輸液を行うことになった。身長167cm、体重61kg。Na+は成人推奨量を、K+は平均的な経口摂取量の半分程度を入れたい。アミノ酸や脂肪乳剤の投与は行わない。輸液の既製市販品の組成を示す。

こちらの問題で示された輸液ではカリウムは全部20meq/Lでしたので、1500ml入れることを考慮して一日の平均経口摂取量は60meqくらいなんだな、という風に推測できますね。

実際に復習したところ、一日の経口摂取量は40mEq~100mEqと言われているようです。

僕は勉強不足だったため、4番をといているときは正直わかりませんでした。

36番を解いているとき、これは計算できる!と思い前の問題に戻りました。

200mEqは常識的になさそうな気がしますので、20、40が光って見えてくるわけですね。

ここで僕は40を選択してしまいました。

間違った原因は二つです。

  1. 知識がなかった。

  2. 問題文の吟味と、センス。

まず一つ目です。昨日研修医の先輩と飲んだ時にこの問題について聞いてみました。

まず、K製剤には「カリウム(K)として40mEq/L以下の濃度に薄めて使用すること」という文言があるそうです。

既に勝負がついた感がありますね。

112C4では「維持輸液にKを追加する」という問題です。

カリウムはもともと20mEq入っていたので、少なくとも20mEq以下ということになります。

研修医の先輩が、輸液にKCLを追加で入れることがある。実践的な問題だね。と言っていました。

そしてここからがセンスの問題だと思うのですが、経口摂取量と輸液を同じ土俵で考えてしまったのがよくありませんでした。

電解質の輸液において、そんなわけはありませんね。より厳密な量の調整が必要となるのでしょう。

細かいことはあとでしっかり勉強します。が、もし実習中に一回でもそれを聞いたことがあれば答えを出せたかもしれません。

そこで、113回に向けた勉強法として「何かに興味を持つ」ということを提案します。

一日に一つ、医療系の知識を何か入れましょう。例えばMRさんの説明会。

寝ても同じ勉強会。書いている薬について調べても同じ勉強会です。

一日に一つ知識を入れたら休み休みでも200個くらいは入りますね。

予備校の国試対策だけではなく+αの部分が身を救ってくれるかもしれません。

スポンサーリンク


今回、清澤先生と話したことで僕がブログを始めた時の思いはさらに固まりました。

今は、国試予備校戦国時代となっています。現場の清澤先生もそれを感じているとおっしゃっていました。

映像授業の配信はTECOM、MECに加え、MEDIC MEDIA、medu4、MAC(MediTunes)。誰でも知るのはこの五社でしょうか。

また、過去問演習ができるサイトもQB-onlineのみならずmedu4の過去問データベースみんコレ、新たに参入したMediTunes(旧医師594)、Remedi等、調べればまだまだあります。全部記載できなくてすみません。

受験生にとって、選択肢が増えることは必ずしもいいことではありません。

過去の先輩の話を聞くと、実質二択だったのが今の時代では違います。

基礎講座はここで、後期講座はここで、直前講座はここで、となると無限の選択肢がありますね。

選択肢が増えるということは、自分で選ぶ必要性が出てくるということです。

ツイッターを見ていると、今後の国試はどの先生と心中するか、とつぶやいている人もいます。
しかし、心中する必要は全くありません。いろんな講師の好きな部分だけ盗むハイブリット型をおすすめします。各講師、力を入れている分野は微妙に違います。

国試対策予備校戦国時代は加速していきますが、受験生は戦争する必要はありません。

この予備校戦国時代を歩く道標の一つとなれればいいな、と思ってブログを始めました。

みんなでおいしいとこだけ取っていきましょう。

キタドクは明日から仕事が始まります。消化器内科スタートです。

有益な情報をこれからも書いていければなと思っておりますので今後ともよろしくお願いします!!

 

 

ランキング応援してくださる方はぽちっとお願いします!

ランキングに飛びます!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す