国試対策, 研修医日記

研修医日記vol4 駆血帯ってテンパると外すの忘れるんだよなぁ

スポンサーリンク

キタドクです。

今日の感想はタイトルに集約されています。

今日は実技オリエンテーションがありました。

滅菌手袋の着脱や採血練習やルート確保、注射(静脈、皮下、筋肉)などの模型を用いたシュミレーションです。

ルート確保、ミスするととてもテンパります。

みなさんは学生実習中に採血の機会はありましたか?僕はあまりできませんでした。

そのため、ルート確保なんて未知の世界です。実際に研修医同士で刺しましたが…ちょっと血管をかすめたのか入らず、テンパりました。結果、指導の看護師さんがちょっと触ったらうまく入ったのでよかったのですが、テンパると駆血帯を外すのを忘れます。

国家試験でも結構駆血帯を外すタイミングって出ますよね。

駆血帯をするのはそもそも何のためでしょうか?

静脈を膨らませるためですね!

採血部位の少し心臓側に駆血帯を巻きますね。これにより動脈からの血液流入を静脈側でとめてやることで、静脈が浮き上がってくるということですね。

あまり強く巻くと動脈からの血流がなくなるので膨らみにくいですし、緩いとそもそも血液が流れてしまいますので血管も膨らまず、採血に時間がかかります

僕たち初心者はどうも駆血が下手なようです。なんとなく少し上を縛るのではなく、止めたい静脈を意識して縛りましょう。

そして問題に出やすい駆血帯を外すタイミングは、針を抜く前ですね。駆血帯を取る前に針を抜いてしまうとどんどん圧力で出てきてしまいます。血腫や出血のもとになるので気を付けましょう。

テンパった僕は看護師さんに何か忘れてますけど、と諭されてしまいました。

こればっかりは経験と思いますが、それでも人に針を刺して失敗すると怖いものですね。

手技が見えるvol2、買おうかどうかとても迷ってますがお守りに買おうかなと思います。

 

まだ買ってない人がいたら一緒に買いましょう。久しぶりにmedic media社推しの部分が出てしまいました。笑

項目はこんな感じですね。
■採血
静脈採血 動脈採血 毛細血管採血
■注射
皮内注射 皮下注射 筋肉注射 静脈注射 局所麻酔
■血管確保
末梢静脈路確保 中心静脈路確保 動脈路確保
■穿刺・チューブ挿入
胸腔穿刺 胸腔ドレナージ 腹腔穿刺 腰椎穿刺 骨髄穿刺 関節腔穿刺 胃管挿入 尿道カテーテルの挿入と管理

■基本外科手技
縫合・結紮 切開・排膿
■救急蘇生法
BLS ALS 気管挿管 バッグ・バルブ・マスク換気 電気的除細動 薬剤投与
医療記録 診療録 死亡診断書 出生証明書

絶対全部やりますよね。買っておいて損はないのではないでしょうか。

 

明日で最初の一週間が終わりですね。頑張っていきましょう!!!!

スポンサーリンク

コメントを残す